ブログ・アフィリエイト・情報商材界隈が「会社を辞めろ」と迫ってくる理由

インターネット
この記事は約8分で読めます。

情報商材はなぜ簡単に「会社を辞めろ」「自由な生活」とアピールするのか

以前、ツイッターで「会社で働くことイコール時代遅れ」という文脈がブログ界隈で比較的優位なのはなぜなのか」というごもっともな疑問が提起されていました。

私は5年間ブログをしており、もうその答えは飽きるほど知り尽くしています。

今日はこれについて論じてみます。

これを最後まで読んだあなたは恐ろしくなって、今やっているブログも全部閉じて故郷に逃げ帰ることとなるでしょう。

でもそれでいいんです。奴らに退職金を全て渡すよりはよっぽどマシです。

インフルエンサーや情報商材屋が「会社を辞めろ」と言ってくるわけ

なぜインフルエンサーや自称7桁収益ブロガー、情報商材屋が「仕事を辞めてブログに専念しろ」と言いだすのか。

理由はめちゃくちゃ簡単です。

そっちのほうが、儲かるから。

いいですか。

みんなのためを思ってとか、会社を辞めたほうが集中できるからとかじゃないですよ。

もう一度、言います。

そっちのほうが、儲かるから。

だ~~~れも教えてくれないですけど、情報商材界隈って実はクソ儲かるんですよね。

新規流入が多くて、無知蒙昧で何も考えてなくて、そのくせ自分だけは他人と違うんだ~詐欺師を見分けられるんだ~と豪語するアホな初心者どもがうじゃうじゃ入ってくるんですよ。

おまけにアカウントを消してイチから始めれば訴えられることもありませんし、成果だって偽装し放題です。

これは私の本音ではなくて、「彼ら」…いや「奴ら」の本音です。

あなたのことなんてこれっぽっちも思ってません。せいぜい「甘い汁」どまりです。

なぜ会社を辞めさせたほうが儲かるのか

本当に恐ろしいですよ。

答えからいうと「孤立させるため」なんです。

まず、会社勤めのままだと世間と繋がったままですから、インフルエンサー()の明らかにアヤシイ言葉を「それはさすがに都合よすぎるって!」「そんなうまく稼げる方法ないから!」と咎めてくれる同僚や上司がいるわけです。

また、世間体、会社の規約(副業禁止)、可処分時間の三つの理由のため、会社にいる時はなかなかブログに精が出ません(私もなんとか時間を捻出して記事を書いています)。「辞めれば専念できるかも…」という心情になるのは、当然です。

そこで辞職です。会社を辞めなければ成功はあり得ないものと思え、となかば強制的に、洗脳のような形で辞職させます。

辞職すると残念ながら、人間は心の余裕を失ってしまいます

明日食べる金に困るのは半年後…というようにリミットが定まってしまい、逆算して何とかそこまでに成功しようとあがき始めます。

しかし初心者が自分で考えて出した結論なんて多寡が知れており、結局は『教祖』の言いなりになります。

具体的には以下のような売り文句に引っ張られます。

  • この商材を買えば1か月で100万円が手に入る!
  • 私のオンラインサロンに入りなさい。稼ぐプロが直々にコツを教えます。
  • ブログを添削します。1記事1万円で。

まったく残念なことに、これがもし「壺」とか「ガンのなおる薬」なら犯罪としてしょっ引けたのですが、今のところ粗悪な質の高額有料商材や、入っているだけで何のアドバイスもしてくれないサロンをもとに教祖を捕まえる法律がありません。

もし会社に入ったままだったなら、あなたは何とかしてここから這い出せたかもしれません。

「それはさすがに高すぎるって!」「仕事が続かないぐらいの根性でアフィリエイトできるわけ?」と、両耳が痛いけどまったくその通りの正論を投げつけてくれる人がいたかもしれないのですから。

しかしもうあなたは一人。孤立しています。

頼れるのは『教祖』だけなのです。

お金がなくなる、誰もアドバイスをくれない…。そうしてあなたは見事にカモにされ、無事に少ない退職金をはたいてドブに落ちました。

よかったですね。ハッピーエンド(頭がハッピーという意味で)。

まとめると、彼らがやたらと辞職を進めてくるのは、あなたを経済的・社会的に孤立させ、自分の商材を買ってもらったり、サロンに入ってもらったりするためなのです。

つまり、そっちのほうが儲かるから言ってるだけで、思いやりや良心はありません。

現に退職を勧める彼らは「私は一応こうやって(本業であるブログに集中するために)退職をあなたに勧めますが、本当に退職したいのかどうかは慎重に考えなければなりません。一生を決める出来事です!」なんて言ってますか?

「私の記事を読んで退職したいと思っても実行にうつしてはいけませんよ。まず知人10人に尋ねて、了承を得たというサインを私の家に送ってから退職しましょう!これはあなたの人生ですからね!」なんて言いますか?

言わない言わない。ぜーーーったい、言わない。

むしろヤギを狙うオオカミのような眼つきで「早く、早く退職しろ!未来はない!」なんて煽りに煽ってませんでした?私が教祖なら絶対そうします。

どれだけ教祖を尊敬・崇拝していても、教祖から見ればただのカモです。カモの人生のことなんてこれっぽっちも考えません。

本当に稼いでいるプロと詐欺師の見分け方

もちろん世の中には本当に稼いでいて、自分の知見や体験をちゃんとお金に変えたい、その上でみんなの幸せを実現したいという仏様みたいな人がおられることも確かです(私が以前交流していたブロガーさんはまさにそうでした)。

しかし私が5年間情報商材界隈をウォッチしていて知ったのは、初心者にそれを見分けるのはまず無理、という事実だけでした。

フォロワーさんによれば「話すだけでわかる」とのことでしたが、私には到底見分けがつきませんでした。

当然この方も「詐欺には注意したい」と言っていましたが、そもそも人間が詐欺かどうかを見分けるポイントは「いい人そうか」であるというデータがあります(悪用を防ぐためにソースは伏せますが、コメントいただければ提示します)。

情報商材屋の中にもこの類の、錯覚資産が非常に大きく、しかも仏のように良い人がわんさかいます。そんな人と本物の成功者をどう見分けるのか?

初心者が「話しただけ」で見抜けるほど甘くないと思います(もちろん「だから勉強が必要なのだ」という結論自体には同意します)。

ここで気を付けるべきなのは、私は「既に会社を辞めてしまった、焦燥に駆られる元リーマン」の話をしているということです。私のように趣味でのほほんとブログを書いている人とは状況が違います。

心とお財布に全く余裕のない初心者が目の前に「稼げる方法」とやらを提示されたら、鴨の刷り込みのように初めて見た人を教祖だと思って、ノコノコついていくのではないでしょうか?

そうして月数千円の無意味なサロンに入り、10万円の悪辣情報商材を購入してしまうわけです。

悪質な情報商材屋に騙されないためには

悪質な情報商材屋に騙されないようにするにはどうしたらいいのでしょう?

もちろん、人心掌握術と他人を動かすライティング術を学び、PV7桁(※)を達成した私の「絶対にカモにならない!詐欺師と仏を見分ける魔法のシート」を10万円で、いや今なら1万円で購入していただければ見分けがつくようになります!

(※リアルタイム同時閲覧者数200人に1日の秒数14400秒をかけて算出した値)

すみません。嘘です。テヘッ。

騙されないようにするためには、まず「自分は『見抜ける側』であるという思い込みを持たない」ことが大事です。

心理学の教授でさえ嘘を確実には見分けられないのに、少なくとも1年間勉強すれば詐欺師を見抜けるなんて思わないほうがいいです。

もちろん「お金を稼ぐにはリスクを取る必要がある」は鉄則ですよね。

でも、リスクがでかすぎます。

それならもう「そんな都合の良い方法はないんだ」と考えて、情報商材には一円も手を出さない方が、ま~だなんぼかマシです。

私の知り合いブロガーに「10万円の情報商材を買ったけど役立たずでした!これを機に勉強して、次は本物の商材を買うぞ!」と豪語し、20万円のクソ商材を買ってどこかに消えていった人がいます。

一番カモにしやすいのは一度騙された人なんですね。取り返そうと必死だから。

で、その上で「目の前のコイツは利益のために言ってるだけなのか?それとも本当に自分のことを思ってくれているのか?」を考えてみる。

もしやたらと退職を勧めてきて、それ以外に道はない!とか、稼ぎのためにリスクは必要だ!と言いだしたら危険信号です。絶対に退職せず、1万円で私のこの「魔法のシート」を購入(以下略

正直、情報商材界隈の「いかに他人をラクに騙すか」ノウハウが蓄積されているのに対し、我々反情報商材界隈(?)の人員はあまりに不足しています。

そんな中でも優良なのがBNR34hiroさんのブログです。初心者が陥りやすい危険について、簡潔にまとめてくださっています。

また、詐欺をなくすために活動しているナクスンジャーさん(@4WTChxehbUwftgT)もフォローしてみてください。画像付きで、奴らがどんな手法を使うのか啓蒙されています。

最後におやくそく。

  • 退職したいかどうかちゃんと考えること!
  • 退職してしまった人は、長年やってるブロガー(私でも可)に情報商材の信頼性を確かめること!
  • 奴らに一円も渡さないこと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました