ツイッターばかり使っていると思考能力は落ちるので、ブログで長文を書こう

インターネット
この記事は約5分で読めます。

文章を書かないと頭は鈍くなる

ツイッター(140文字制限)やはてなブックマーク(100文字制限)は意見を発信する場としてはとても楽です。

アウトプットの練習としては最適なんですが、意見を誰かに表明するには向いていません。ブログのほうがよいです。

自分のツイートを切り抜かれて叩かれたりクソリプ来たりしますし、スクショ撮られて晒されたりしますし、なんやかんや意見表明は長文で行うのがよいのです。

ですがそれ以外にも、重要な視点があります。あなたが生きる上で一番必要になる、頭脳です。

思考能力は文字数制限に引っ張られる

私がいつも数千文字を使って意見を表明しているのは、それで世の中を変えてやろうという目論見だけでなく、自分自身のためでもあります。

それは「思考能力を落とさないため」「思考能力を上げるため」です。

ヤフーニュースのコメント、ツイッターではおばか丸出しのコメントが並んでたりします。

文字が読めてない系のもありますし、読んだ上でこれ!?みたいな結論のもありますし。コメントの文字数の制限で、考えてることの根拠がわからない文章もあります。「○○しろ!」とだけ言ってて、理由はない、みたいな。

ああいうプラットフォームって「○○するべきだ!」って果敢に言いっぱなしにしてるはいいけど、その根拠が全くなかったり、その場の空気でそうやって言ってるだけだったりするんですよ。

その面ブログにはそれがありません。周りのコメントを見ながら記事を書くことがないので、絶対に「自分の意見」を持つしかなくなる

逆にツイッターなどは違います。「最初についたコメントが、後のコメントの流れを決める」のです。

所詮人間は周りの言葉で意見を変えたがる生き物ですし、ただでさえそういう傾向があるのに周りのコメントが見えてたらなおさらです。

そんな状況下で「自分で考える」なんて、夢のまた夢。

思考能力が落ちる、長文読めなくなるの無限ループ

文字数制限以上のことを考えても書き込めないので意味がないので、ツイッターしかしていないような人はだんだんと140文字以上のことを考えられなくなります。

そもそも一人の人間が背負ってきた人生がつむぐ言葉です。それが100文字とか140文字で収まるとは全く思いません。無理矢理に詰め込もうとするから変なことになっちゃう。

でもいつしか、そんな当たり前のことに気付く頭脳さえ失って、ノイズじみた「考えらしき考え」を正義も道義もなく書き続ける

フォロー0フォロワー0みたいな環境でひたすらバズったツイートにクソリプ投げかけてるおっそろしいアカウントが、その末路ですよ。しかも本人は「ちと手厳しくいきます」なんてbio欄(自己紹介欄)に書いてるもんで。

140文字以上を書けなくなるのなら、しまいには「140文字以上読む必要もない」とまで思い始めてしまいます。

そしてとうとう「タイトルしか読んでないけど、この記事はクソだわ笑」とか書いてしまう

こうなるとせっかく進化した大脳を持つ動物になったのに実質的にはおしまいで、あとは蟻地獄に際限なく落ちていくしかありません。

「文字数以上のことは書けない」から始まって「書けないから考えない」「考えないから読まない」「読まないから考えない」のループに陥るのです。

知らないうちに羅生門の外にフライアウェーしてって、その辺の獣と同化して、SNSに意味のない呻き声をばらまき続けることになる。

短文至上主義は「場を読む」必要性から生まれたものである

SNSにはびこる短文至上主義は今になってのものではありません。

古くは2ちゃんねるの時代からあり「その場所の空気に応じた書き込みをする」必要性によって生まれたものです。

人間は関係性と無関係であることはできず、常に周りを見ながら生きています。

SNSではそれが特に顕著で、例えば2ちゃんねるでは「自分語り」は厳禁、そういうことを少しでも話すと「くっさ」「隙自語」(隙あらば自分語り)などとお決まりの定型文で罵倒されます。

これら定型文は結局、限られた文字数の中で効率よく意見を疑似共鳴させるためのものでしかなく、そこに何かしらの有益な情報があるとは限りません。

一方で私も過去に

こういう記事を残していたりしますから、これらは「利用者のIQが低い」のではなく、そういうプラットフォームのせいだから、なのです。

つまり文字数制限が課されるSNSだから、場の空気を読むしかないのです。

そして長文で何か自分の好きなものを語る能力を失い、ついでに読む力もなくなる

「タイトルしか読んでないけど」という、地獄のようなコメが爆誕する。

ブログをぜひ書こう!

これを打破するには各々が長文を書くしかないと思っています。的外れな読解をしてしまわないためにも、慎重に読んで慎重に書いて、この繰り返しをするしかありません。

近道はないのですが、裏切られることもありません。やればやったぶん力になります。アタマという、この世を生きる上で最高の、しかも唯一重荷にならない武器が手に入ります。

私は言語化能力だけでこの世を生きてきていますから(勉強でも趣味でも仕事でも必須です)、ぜひこれを機に皆さんも始めましょう。

そして読解、執筆を大事にして、生きようね!

ツイッターで時間を無駄にしてしまう理由を考察しました。

こうやって嫌いなものを語った私ですが、普段は「良いものを語りたい」と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました