子どもに珍しい名前をつける欠点は「子どもの人生が大きく変わる」こと【キラキラネーム体験者談】

生き方
この記事は約6分で読めます。

珍しい名前をつけると子どもの人生は変わる

名前はその人間を表す

「名前はその人間を表す」という言葉があります。

昔から本当の名前を知られることは致命的な弱みを握られるのと同じだと信じられていました。

ですから戦国武将などは「諱」(いみな)という本当の名前…例えば織田信長の「信長」は彼の本名…を、めったなことでは明かさないようにしていました(彼だけでなくほとんど全てです)。

紫式部や清少納言も本名というわけではなく、呼ばれていた、あるいは自称していたものが後世に残っているだけです(本名はわかっていません)。

この考えは日本だけでなく世界各地にあり、例えばグリム童話には「本名を言い当てられたせいで消えてしまった」小人がいたりします。

また、わざときたない名前を子どもにつけ、悪魔や不浄な存在が近づないようにする、という願いもありました(アイヌ民族などはその例です)。

現在でもこれらの考えは継承されており、特に日本では「なってほしい人物像と重なるように命名する」ことが一般的かと思います。

例えば「光輝」であれば「光り輝いてほしい」、「健太」であれば「健やかに太く生きてほしい」。

キラキラネームの功罪とその子の人生

私は「ルナール」という源氏名でブログを運営していますが、当然本名ではありません。

名字自体はどこにでもいそうなありふれたものでして、問題は下の名前です。

これが全国に1人いるかいないか、というレベル(いや、1人はいるだろここに)のものなんですよ。

明かしちゃうと本当に特定されるぐらいの(今調べましたが普通にヒットしました)ものなので伏せておきますが…。

いわゆる「キラキラネーム」というやつです。…といっても「黄熊」とかいて「ぷう」と読むとか、「金星」とかいて「まあず」と読むようなものではありません。

あまりに響きが珍しいのと、漢字の当て方的に「そうは読まへんやろ!」となるパターンで、そもそも「この名前をご両親がつけたきっかけは??」と聞かれることがとても多いのです。

この「きっかけ」というのはなかなかに厄介な言葉で、人間がそういう質問をするのは、やっぱり無意識的に「親は、子どもに『願い』をこめて命名する」という価値観が表れているからでしょう。

そして私は聞かれるたびに「ハハハ…そういうのはなくて、ただ画数なんですよね」と答えていました。するとみんな決まって「なるほど…」と残念な顔。

残念そうにすんなや。オレが決めてるわけ、ちゃうぞ!

と思った私は、もう後付けで「こういう思いがあってこうしたみたいですよ~~、画数もありますけどね」と話すようにして、そうすると「素晴らしい!」との答えが。

やめろそれやめろ。

この繰り返しの問答は本当に面倒で、これを毎回するために生まれてきたんか…と悲しくなります。

毎回同じ問答の繰り返しで、初対面と会うのが面倒になる

キラキラネームをつけられた人は基本的にこういう会話を、初対面の人間とはほぼ毎回、毎回やってます。

いいですか、毎回ですよ。

社会人になれば商談などで色んな人と会うでしょう。そんな人、全員に「珍しい名前ですね!!」って聞かれるんですよ。

例えばここでは私の名前を「天斗」で「あと」と読む、と仮定しておきます(本名ではないですよ)。

そうすると「田中 天斗」で「たなか あとです!」と紹介すると「珍しいですね!」「どういう意味ですか?」「初めて出会いました!」ってのを、500回ぐらいやるんですよ。

私は二十数年間生きてきてますけど、初対面で毎回やると仮定しても本当にそれぐらい行ってます。

ですから、紹介するときは「はぁ…また『アレ』か…」となりがちで、これはかなり大きい欠点になりうると思います(私は幸い、回避方法を思いついたのでよかったですが)。

絶対に幼少期は名前でいじ(め)られる

もっと大きいのが「幼少期、名前だけでいじ(め)られる」です。

これはキラキラネームをお持ちの皆さんなら絶対に避けて通れない道です。

例えば幼稚園児の頃「後から」という単語が出ると必ず「天斗(あと)!おい、天斗(あと)!!」というように言われまして、本当にそれが嫌で泣いていました。

でも、そういう話を両親は良き思い出話のように語りだすので、これも腹が立ちます。

お前らが名付けたせいでどんな苦労をしてると思っとんじゃ!!

いくら自分の子どもとはいえ、人生を大きく変えるほどの命名をしておいて、いじられて泣いたのを「思い出」に勝手にするなや。

と、今では言語化して思いを昇華できますが、主張のための語彙が足りなくて「なんか嫌だ」と言うと「せっかく私たちがつけたんだから」と理不尽に怒られるのもまた、アレでした。

今では適当に処理できるようになってますけどね。

脳が認識を拒否する

しかもややこしいことに、私の名前は他の、非常にありふれた名前と聞き間違えられることが多いんです(だからこそ「天斗」で「あと」という仮定をおいたわけです)。

「あと」というのが名前だとは認識できないので、みんな最初は「ん?」「あまとくんですか?」と聞いてきます。

電話応対のときはこれが本当に厄介で、もう毎回3回ぐらい聞き直されます。親が電話するときも「いえあの、娘さんの名前ではなく、息子さんの名前をお願いします」と言われることもあったようで。

もうしょうがないので「あいうえおの『あ』に、たちつてとの『と』です」なんて言ってみたり。

そしてその後は「へぇ~~珍しい名前ですね!」というお決まりのパターン。

もうええわ。

電話口から手突っ込んで、奥歯ガタガタ言わせたろか!

身長とか性別(LGBT)とか肌の色と同じく「本人がコントロールできない、後から変えられないもの」なのに、無神経に「すごい!珍しい!」とか珍獣感覚で言えるのがマジでわからん。

でも、ちゃんと名前は一度で覚えてもらえる

でも、悪いことばかりとは言いません。なにせ絶対に出会ったことがないレベルで珍しい名前なので、一度自己紹介すればもう忘れられないんです。

これが「健太」とか「貴之」だと「ふ~~ん」で終わりなんでしょうが(ありふれた名前の方々、ごめんなさい!)私は「天斗(あと)」なのでそれはそれは強烈で。

性格の癖の強さも相まって、「こっちは向こうの名前を覚えてないけど、向こうは覚えてくれてる」みたいな状況が多発します。

これは例えば面接だとか商談で、当然大きく有利になります。

性格によりますが、これを「ネタ」にできれば、本当に強いのです。

名前ネタでウケを取れる

自分の漢字から意味を勝手に後付けして、その意味に当てはまるような人生を送ってきました、という自己紹介を毎回しています。

具体的にどうとは言えないのですが、例えば「天斗」だと「読みがアトというだけあり、芸術の才能に恵まれました!アートだけにね!ガハハ」みたいな(これはあんま面白くないですけど)。

すると、自分の名前をネタにできる人材が珍しいからなのか、けっこうみんな本気で笑ってくれます。しょっぱなから「珍しい名前の、おもろい奴」キャラを定着させられます。

これはかなり助かっています。

良くも悪くも名前は人生を決める

親が「願い」を込めて子供の名前をつけるのであれば、そこにちゃんと意味を与えてほしいとは思います。

珍しい読みや漢字をつける意図があってもよいでしょう。しかし、その命名が子どもの人生を本当に決めてしまうことがあるのだと、どうかお忘れなく…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました