自称保守派の韓国人差別を見て、なるほど人種差別とは思考原理なんだな、と思った

インターネット
この記事は約7分で読めます。

人種差別をどうやったら変えられるか

無人販売所は日本にしかない?→世界中にあった
無人で野菜を売れるってスゴイ!こんな国って日本だけ!・・・と思ったらわりと世界中にあった、というお話

消えたらいけないんで要旨。「無人販売は日本の特権、日本の民度が高いからこそできることだ!」「このシステムをなくさせようとしている人達が日本にたくさん入ってきています」

ま、これはいいでしょう。個人の考えだし。

「韓国にも同じのあります!信頼関係で成り立つシステムいいですよね!」というツイートをした人をブロック。当然、思い当たるところはない。

「このシステムが成り立たない治安が嫌」であることには同意しますが、なーんでハッシュタグ#移民反対 をつけてるんですかね…?

つまり、この人が言いたいのは

「日本の治安を悪くする人達が日本に入ってくる」ということで、韓国のことを述べた人だけをブロックしていることから、それが「韓国人」とかそれにあたる人なのだと。

まあそれ自体は思想の自由があるので、こっちが否定しちゃいけないし、否定することも絶対に不可能なんですけども。

なんというか、人種差別とは思考原理なんだな、と実感しました。

差別主義者は差別主義であることを自覚しない

どこの共同体、国にも差別主義者はいます。それは変えられないことです。

差別がない世界というのは、戦争がない世界と同じぐらいあり得ません。

あるいは隣人愛で溢れて、殺人がなくなった世界と同じぐらいあり得ません。

そして差別主義者の中で、自分が差別主義であると自覚する人はほとんどいない。

あっ、差別を定義しておきます。

差別とは「特定の集団に属する個人、あるいはその集団について他と差を設け、立場を低く扱う」ということを指すとしておきます。

差別が思考原理であるというのはかなり異質な響きですが、要するに何のことはない。「肉が好きです」「そうですか、私は魚です」と同じレベルのものです。

「なぜ肉が好きなのですか?」と聞かれて説明できますか?栄養価が高いから?

それなら、肉よりも栄養価が高い魚がいれば、必ずそちらを食べますか?

たぶんそういう問題じゃないんですよね。

好き嫌いというのはもう、本人さえも変えられないし自覚さえしていない領域にあるんです。

そして差別なんてのも同じ理由で引き起こされるのだな、と、さっきのツイート群を見て実感しました。

適当な印象で民度を語るな

まず日本に無人販売があるのは確かです。それもかなり広く分布しています。

ですがそれをもって「日本人の民度が高い」と断ずることはできません。

民度というのはエビデンスベースで(根拠をもって)総合的に語られるものです。

「最近物騒な事件が多いから民度が低くなった」「無人販売があるから、自販機があるから民度が高い」というレベルの言論に意味はありません。

私は、かつてないほど日本の治安がよいこと(犯罪率が低いこと)、何ならさらによくなってきていることを示す根拠を様々に提示できます(要望があればデータを貼る準備はしています)。

同じく「民度が高い」というのでも根拠があるかないかでは思考過程に大きな違いがありますし、根拠を持っているからこそ日本人の民度の高さに自信を持っています。

まあ、民度と治安が同じ概念なのか、治安と犯罪率が同値かには議論の余地がありますが、少なくとも「無人販売があるから高い」程度の根拠しか示せない人よりはよほど議論ができていると自負しています。

ましてや「だれだれのせいで今、日本の民度が脅かされている」と「だれだれ」を批判するようなことを書くなら、もっと慎重な議論が必要です。

その「だれだれ」に入るのが韓国人だということを言いたいのでしょう。ですがさっきの方はそのエビデンスを何ら提出できていない

この人がとは言わずいわゆる「ネトウヨ」(この言葉嫌いなんで使いたくないです)と揶揄される人々はよく「韓国人と思われる通名の人間が逮捕された画像」だけを貼って「また在日が」と言いますが、

その「在日」の方々の犯罪率が日本人平均に比べて高いことさえ示さない。

指摘されると「警察幹部にも在日がいるからもみ消されている」なんて言い出す始末。

えっ警察幹部に在日がいることは誰が言ったんですか?まさかネットとか言わないですよね。

マスコミさえ信用していない人が、簡単に「真実」を手に入れられるネットを見て信じ込んでなんてないですよね…?

信じ込んでたりするんです。

他人を差別する割にその根拠さえ指摘できない程度の浅い言論を振りかざしてるだけなんですよ。

こんなこと書くとコメ欄に「これだからサヨクは。ぱよぱよちーん(笑)」と書かれそうなので先に言っておきますが、私はかなり強烈な(いわゆる)ネトウヨでしたよ。

平気でこれらの思想を持っていました。

差別があります、差別されてますと訴えても「在日は差別されるのが当たり前だろ笑」なるほどなるほど、それはもう思考原理ですわ。対話は通じない。

韓国人中国人が日本の治安を脅かしているというデータはない

私が「ネトウヨ」だったのは中学生のときで、ちょうど「ネットde真実」というものに目覚めてしまい

「マスゴミは本当のことを報道しない!」

「マスゴミは韓国の悪事を隠している!」

「韓国は崩壊する!」

と信じ込んでいました。

しかし様々な言論に触れ、精神年齢が成長するにつれ、いかにそれが荒唐無稽なものであるかに気が付きました。

崩壊するといまだに言っているのに兆しすらありません。

その反動かわかりませんが、韓国人が日本の治安を脅かしている、日本を乗っ取ろうとしている、という思想には、とても懐疑的です(これも言っちゃえば「思考原理」ですが、他人を攻撃しないだけまだマシです)。

そんなことしてる暇ないですから。

逆に日本人が韓国に行って、向こうの国を乗っ取りたいとか思います?

本当に日本のこと憎んでるなら、顔も見たくないし絶対来たくないはずですよね。

在日韓国人、在日中国人を議論するには

私が調べた限り、治安を彼らが悪くしているというデータはありませんでしたが、一応「犯罪率」あたりで議論できるかと思います。

ということで以下の条件を満たすデータを示していただければ、議論する価値があるでしょう。

真摯な議論をしたいという意味ですから、データをお持ちの方はぜひ紹介ください。

・犯罪人数ではなく犯罪「率」のデータ(韓国からの来日者は多く、数で見れば当然多くなる)

・来日外国人と在日外国人(国籍を取った、永住している等)がごっちゃになっていない

・犯罪率が「高い」ことを日本人や他の国籍の人と比較して示している

・他の複数国でも韓国人の犯罪率が高いというデータがある

・データが新しく、ここ数年以内のもの(1960年代は戦後経済悪化により在日朝鮮人の犯罪率も上がっていたと考えられる)

・情報の出どころのURLがあり、そのドメインが.go.jpである、あるいは明らかに国の機関が出したデータである

こういうデータがあれば、最低限議論できると思います。残念ながら私は見つけられませんでしたし、そこまでの情熱もないです。

データがあろうがなかろうが差別はしてはいけない

意外に忘れがちなことなんですけど、エビデンスベースで議論をしたからといって差別が容認されるわけではないですからね。

統計をもとにした差別は統計的差別(statistical discrimination)といって、やはり差別の一つにカウントされます。

例えば日本では「女性のほうが早期に離職するから、男性のほうを優先して取る」ことが行われていますが、これは統計をもとにした差別です。

事実に基づくからこれは区別だ、という言い訳は成り立ちません。

さっき定義したように、差別というのは「個人を個人ではなく属性、集団で区別する」ということなので、

そこが満たされてさえいれば事実をもとにしてようと、あるいは根拠がなかろうと差別になります。

それに、合理的な理由があるから人を差別することが許される…ような世の中だったとしたら、もはや「差別を禁止する」意味もなくなります。

合理的であるという錦の御旗があるからこそ、人間は差別をしてしまいたくなるのです。

差別は区別の顔をして、合理性を着てやってきます。

在日韓国人に対する差別を差別だと認めたくない、俺が・私がやってるのは正当な区別だ、と思う方ははやく目を覚ましてください、といっても覚まさないですよね。

私もそうでしたもん。ですがいつかそうなる時が来ます。

自分がいかにまぬけなことをやっていたかを自覚するときが。

その時までは異なる思考原理でいましょうね、お互いに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました