競技クイズの教養主義化、エンタメ化に貢献してきたのは他ならぬクイズノックだ

学び方
この記事は約7分で読めます。

競技クイズはエンタメ化されてきた

これはQuizKnockのファン(私も一ファンです)が読むと卒倒しそうな気がするので、誰推しとかの概念がある方は読まないでください。お互い不幸になります。

競技クイズはとても「教養主義的」である

前提として、競技クイズには「エリート一番」みたいなとこがあります、というかほぼそれです。

芸能、アニメ、ラノベ、18禁関係の問題も出ないことはないですが、主流は音楽、芸術、書籍、歴史など「エリートが詳しい」もの

そうなると当然プレイヤーの中に勘違いして「みんなが知らないことを知っているオレはすごい」なんて言いだす人が出てくる。

私もみんなが知らないことを知ってるキャラですけど「すごい」なんて思ったことは全くなくて。

学歴も知識もないけど経験が深くて話が面白い親戚だとか、中卒で働いてるけど懸命にお客さん(お水関係の仕事)と話して気に入られていく友人とか、

決して人生で「知」が持つ価値だけが全てとは思わないんです。神様に振り分けられた「得意なこと」がたまたま「色んなことを知りたいと思うこと」だっただけ。

ま、そういう人がいないんだろうな、周りに。だから平気で「オレはすごい」「教養がある」とか言えちゃう。

教養があることを誇っているようでは一生、それこそ絶対に教養がある人にはなれないってのが持論なんですよ。

あぁそういえば医学部某Mくんがそれとは真逆のことを言っていたっけなぁ。

ま、とりあえずそれはよくて、この「エリート一番主義」とでもいう思想が一般に膾炙するためには、一般でのクイザー知名度ナンバーワンであろうQuizKnock(とマスコミ)がある種必須だったであろうことは、指摘しなければならないでしょう。

学歴イコール知性イコール知識量のいびつな構図

なんたって「東大発知識集団」を名乗ってるぐらいですし、そもそも「東大王」っていうド直球な名前の番組から出てきた団体ですよね。てか知識集団って何なんだ。

私はQuizKnockのファンですけど、ここは絶対目をつぶっちゃいけない。

「なんでクイズの強さと学歴が比例するの?」って話。

よく考えたら謎じゃないですか、これ?「あいつがサッカー強いのは東大だからだ」とか言うんですかね?クイズだって一つの競技、ゲーム、娯楽にすぎないのに。

そりゃもちろん東大に「勉強ができる」人がいるのは否定しませんけど、だから何なんですかね?それだからってクイズが強いとは全く思いませんよ。

クイズ好きに偏差値高が多くて東大によく行くって話ならわかります。興味がない範囲の勉強までし続けてて、正解が必ずある、って意味では受験勉強によく似てますしね。

ある娯楽について、東大生が強かったとしても「あいつが東大だからだ」ってことにはならない。

ましてや、そんなクイズ好きに知性があるとか、東大生に教養があるとか、もうそんなのはまったく、まっっったく思わない。全然関係ない。

でもなぜかコメント欄ではそんな風に言われてたりする。

なぜなのか?

こういった、よく考えたらヘンな構図をさっきの「クイズは権威主義的」って話と合わせてみると一つの結論が出てきます。

「QuizKnockが成功するために『東大』というブランドを安易に売ったことと、クイズの権威主義化が両輪のようにリンクする」。

クイズ好き=学歴が高い=知性がある

なる構図の後に

知性がある=教養がある

という等式までできてしまった、と考えています。

マスメディアがつくった等式

で、この戦犯はといえばQuizKnockだけではなくて、マスメディアも関与しています。

高校生クイズがガチっていた頃の、あの異常な熱。灘や開成などの有名私立校が公立校よりも長く長く取り上げられ、結果もわかっていないのに優勝候補とでもいうように褒めそやされ。

クイズのことをダサいと言い切っていた茂木健一郎氏さえもあの頃はアハがどうだの脳がどうだのと怪しいノーカガクを開陳して悦に入っていたようですが。

クイズ好きはみな高偏差値であるというような意味不明な等式はあの頃にできて、その等式を知ってか知らずか「頭脳王」なる番組ができ、

「東大医学部」と「京大医学部」が決勝で争い合う異様な事態。

何かを知ってるだけで「頭脳王」って何なんですか?なんでみんな学歴が高いんですか?そんなので測れてしまう「知性」の浅さにため息が漏れてしまう。

そんなら珍しい症例でもって学会発表してる在野の研究者の人がよっぽど頭脳もあると思いますよ。未知なことなわけだし。

こういうのは、それもこれも高偏差値をわざと番組の面白さのためにあるいは権威付けのために利用したマスコミに責があると思います。

で、そういった風潮を悲しいほど敏感に察知したQuizKnockはおのれを「東大発知識集団」として武装することで人気を得ていった。本来知性や知識量に東大なんて全く関係ないはずなのに。

こんな風潮のせいでますます一般人からクイズは遠くなったように思います。

もちろん「QuizKnockのおかげでクイズを始めた」という人もいるでしょうし、いてよい。それは大変素晴らしいことですし、応援しています。

でも功だけがピックアップされるのは変で、罪についても触れる必要がある。

何かこう「クイズって頭がいい人がやってるもんなんだなぁ~」とか「東大生がやるからクイズは面白いんだな」ぐらい、自分の生活とは切り離して消費してしまう人達がいると思うのです。

もっともっと気軽でよくて、初心者歓迎でいいはずなのに。

ニワカ上等、ニワカが作るクイズ大会があってもいいはずなのに。

QuizKnockがブラックボックス化したクイズ

QuizKnockのコメント欄を見てみればその風潮が読み取れます。

問題自体が持つ意味とか、その答えについてほとんど触れようともしない。天才が解くための問題であって、自分には関係ないのだとばかり思いこんでいるようで。

「何を言ってるのかわからない、いつものパターン」「視聴者置いてきぼり」ばかり(これらは満足の意味で用いられるお決まりのセリフです)。なんならふくらPまでそんなこと言ってますからね。

中身がベタ問であるという実態は権威失墜のために巧妙に覆い隠され、ただただ「東大の天才たちが競っているさま」だけを見せられる。ますますクイズは自分たちにとって関係がないものになる。

これ実はかつての偏差値偏重時の高校生クイズとよーく似てるんですよね。構図が。

一人のクイズ好きとして、そして知識を愛するものとして、これほど悲しいことがあるでしょうか。

こうなるともうあとは早くて、彼らに勝手に知性とやらを見出して、アイドル化までしちゃう(いわゆる「カップリング」のことではなく、文字通りのアイドル化です)人が出てくる。

伊沢氏はこれについてかつて「そういう人もいるだろうけど、アイドルに徹することはしない」なんて発言していました。それでたぶんいいんだと思います。

でも何だろう、「東大」という権威でクイズのことを箔付けしてきたのは自分自身だってことを自覚しているのだろうか?

学歴によって競技クイズを粉飾して権威主義化することがクイザーの裾野を狭めて(一見さんお断りにして)結果的に自分の首を絞める可能性があるってことを、自覚しているのだろうか?

あるいは「クイズに出る知識が尊くて、そうでないものは知る価値がない」とまで思わせてしまうほどの(東大やクイズのエンタメ化による)暴力性があることを、知っているのだろうか?

そうでないのなら、これまでクイズ界隈が失ってきたであろうクイズ普及チャンスの大きさに深い失望を禁じ得ない。

ここらへん、QuizKnockファンの中に言及している人がおらず、していても「マスコミのせい」で終わっていたので、共犯関係をあぶりだす必要があると思って書きました。

読んで傷ついた!時間返せ!以外のコメントをお願いします。

以下、関連記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました