炎上する腐女子BLポリコレ問題の、同性愛当事者からの感想

社会学
この記事は約7分で読めます。

腐女子のBLはポリコレアウト!

インターネットでは今日も論争が起きています。取り上げるのは「腐女子のBLはポリコレに反しているか」です。

腐女子とは「男と男がイチャコラしているのを楽しむ女子」という意味で、ポリコレとは「ポリティカルコレクトネス」(政治的正しさ)、つまり全方位に配慮すること。

腐女子BLポリコレNG問題の過程

男性同性愛者の人が「腐女子の皆さん、ポリティカル・コレクトネスを尊重してBLでは受け攻め概念廃止してリバを基本にしようとか言われたらどう思います?」とアンケートを取る

       ↓

腐女子の人たちが「そんなのはポリコレじゃない」と猛反発

https://anond.hatelabo.jp/20200710045020

つまり「挿入・被挿入と決まってるなんて現実の男性同性愛に即していない、両方いけるようにしてはどうか」と提案されて「そんなのはポリコレじゃない!」と反発した、と。

腐女子のポリコレ議論の流れ

当事者だから言えることみたいなのもありそうなので、一応。

当事者のゲイの人は、「受け攻め固定の風潮で現実のゲイもそうだと思われることが多いが実際にはそうではなく単なるステレオタイプである。それは偏見なのでポリコレの理路からいえば是正されるべきだということになってしまう」という主張をしている

https://anond.hatelabo.jp/20200710045020

ワイ的には、BLも百合も愛好者向けのファンタジーです、で押し通せばいいと思う

https://anond.hatelabo.jp/20200710045020

ポリコレは素晴らしいとか日本はガラパゴスでよくないとか男性向けの女性描写はステレオタイプでけしからんとか言ってたごく一部の意識高い系腐女子の人たちが、ゲイ当事者に殴られて見苦しい言い訳さらして当事者に食って掛かったりしてるのは悪いけど笑っちゃう

https://anond.hatelabo.jp/20200710045020

普段から『オタク』が好みそうなポスターを「それはポリコレに違反してる!」「女性への差別だ!」と主張していたツイッターのごく一部の腐女子たちが同性愛者にポリコレで殴られて言い訳してる、500周目ぐらいの議論です。

反差別サイド(腐女子)が自らの差別心には無関心だっただけ

「差別を注意する側が自分の差別心には無関心」という話ですが、これは全く意外ではありません。

灯台下暗しなんていいますしね。

いつも差別差別と唱えてきた反差別主義腐女子が「お前だって差別的だろ」と言われて愕然としたり、なぜか怒ったりしているだけの話。

で、この話から何を学べばいいかというと、個人的には一つ。

「完璧なポリコレなんて、存在しない」

超過激派リベラルは「全ての人間は政治的に正しく表現されるべきだ」と考えるんでしょうけど、それは到底無理です。

人間は自分の生まれや性別や性的指向や人種…自分の肉体からは解放され得ないのだから。

肉体や肉体が感じることから逃れられず、すべて自分という肉体をもとに何かを語るしかないのだから。

要するに「不快な人には不快だし、そうでない人にはそうでない」というだけの話です。

これ以上に議論を発展させるなら140字じゃ到底足りず、議論するプラットフォームと前提とを互いに違えています。

当事者にとってBLは不快なのか?

それでは、同性愛寄りの両性愛者である私にとってこの議論はどうなのか。

BLは、不快であるときもあれば、よいと思うときもあります。

例えば「おにショタ」と呼ばれる類のコンテンツに自分を当てはめられることは不快感があります。社会人×小学生、みたいなやつ。

ましてや、自分と架空の誰かが性交渉しているところを描かれるなんて…考えただけでもおぞましい。自分が描いたオリキャラでそれをしてほしくもない。

逆に、不快でない場合もあります。大して関心がない、あるいは普通に興奮するコンテンツの場合がこれにあたります。

そしてBLに関してですが「攻めと受けが固定化されているのはおかしい」は同意します。実際、そこまで固定的ではありません。

いわば「タチ」(挿入側)と「ネコ」(被挿入側)という業界用語の話です。

一般にタチはヘテロ的、つまり両性愛や異性愛の属性が強く、ネコはホモ的、つまり同性愛の属性が強いとされます(そもそもこれがステレオタイプの始まりなのですが…)。

伝統的に同性愛界ではタチ不足で、出会い系サイトの一行目に「○リタチ募集」なんて書いてあったりします。

バ○タチとは「タチ専門」みたいな意味。これがあると重宝されるらしい(出会ったことがないのでわかりませんが)…。

でも実際、そこまでこの両者が固定的でないことも観測範囲で実感します。そこらへんは同性愛者の間でも解釈が分かれるんでしょう。

タチウケ固定化はポリコレ的には駄目でしょう

しかし、腐女子のコンテンツはほぼ絶対的にタチとウケが固定化されており、それによるカップリング論争も起きてます。

「\(A \times B\)」という表記(AとかBにはキャラクター名が入る)を見れば、それがわかります。

\(A \times B\)と\(B \times A\)は異なるものを指しており、どちらが受けでどちらが攻めなのかで界隈がまるごと違っていることさえあります。

同じ2人のキャラクターでも、関係性が違えば専攻が違うようなものらしい…。

ここまで絶対化されているのが一般的なのだとしたら、同性愛者のポリコレ棒による謗りを免れ得ないでしょう。

そもそも完璧なポリコレなんてない、という前提で話したとしても、相対的にはやはり同性愛者からの批判を受け入れるしかありません。

その流れとして、自分が今まで他人のコンテンツを規制しようとしていた反動を食らっても言い訳できません。今まで自分たちが同性愛者をネタにしていたのだから。

BLなんてポリコレ的にみればアウトに決まっている

言い訳はできません。BLなんて、やってることはポリコレ的に見ればアウトです。

例えば「姉妹で近親どうしの性行為」なんて同人誌を書いた日には間違いなくツイッターにさらされて「加害性が…」と言われるのに、その逆で某おそ松さんなんかは放置です。

男性は別に何も思わないから、放置してるんです。でも放置してるからOKという話ではありません。

女性と男性で基準を変えるのは変な話で、ごく一部の腐女子が主張する「ポリコレ」的基準に照らせば、これは言い訳しようのないアウトです。

というかさっきも言ったように、全員が全員満足する「ポリコレ」なんてものを考えても本当に不毛で、そもそも完璧なポリコレを全て満たす創作物など世界にはありません

アンパンマンは男のヒーローが活躍していて男性優位的だし、フォスターズホームはイマジナリーフレンド持ちについての偏見を助長するからダメだし、BL作品は同性愛を都合よく自らの性的興奮のために用いているからダメ。

こんなの、何がどう疑問というのか?

自分たちが他人をぶっ叩くために使ってきた棒が今度は自分たちに跳ね返ってきて「おわっ!」ってなってる図ですよね。

そもそもポリコレに期待するところが間違ってます。

ポリコレは万能ではなく「叩こうと思えば何でも叩ける魔法の傘」にすぎません。

アウトだよだから何が悪い、ぐらいの意識はあってほしい

私は少年愛当事者として、自分の性的指向が一般的に受け入れられないことを知ってます。でも別にポリコレに照らしてそれがどうなんてことは考えない。

なぜか?

ポリコレ的にアウトでない性的指向など存在しないのだから。

まず一部の腐女子の方々は、そこから合意したほうがいいでしょう。悪い言い方をすると「開き直る」んです。

うん。ポリコレ、アウトだよ?ごめんね。

でもじゃあ、どうすれば私たちの表現物は規制されないかな?と。

ポリコレが(他人を叩く上で)万能であって(誰かを守るうえで)万能でないことを認める必要があるのです。そしてそのうえで、できるだけ同性愛者を不快にしない方法を考えていく。

タグ付けするときにカップリングをタグにしないとか、ツイッターで同性愛者にワタシ理解ありますって言わないとか、ポリコレ基準を適用して他人のコンテンツを安易に叩かないとか。

まあでも、こんなくだらない論争やってる腐女子、たぶん全体の1%とかなんだろうな。

一番迷惑被っているのは多数の良識的な人だろうし、それが気の毒でならない。

思いと恨みを先鋭化した言葉でコンテンツを叩くなら、その相手や「表現の自由」派からの恨みを買います。

自分がアウトな可能性も考えて、動いていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました