正義を主張することと、正義を押しつけることの違いはどこにある?

倫理学
この記事は約5分で読めます。

正義を押し付けることと正義を主張すること

相対主義が大嫌いだと普段から書いている人間なので、一応の理論武装もしておかねば、と思いました。

なぜなら基本的に正義主張者に対して現代は厳しく、ニラニラと自らの論破欲求を滾らせた自称言論者にとっては格好の的だからです。

背中を見せたが最後、自己責任とか相対主義とかの「勝てる」言論を背中からぶっ刺されて終わりなので、そういうコメントが来たときに当記事に案内しようと思います(暗黒微笑)。

「正しさを押し付けた先には醜さしかないんだよ」と思う人は多いでしょう。それを解説したいと思います。

正義の押し付けと正義の主張は違う(と私は思っている)

さっきみたいな反論をしてくる自称・相対主義者、あるいは論客(ロジカリスト)の方々に欠けているのは、押しつけと主張は似ていて全く異なるものである、という事実の認識です。

例えば過激派フェミニストが「この絵は女性を性的に消費しているので規制されろ」と述べているのを見ますが、あれこそまさに押し付けです。

私は感情によって意見に同意したり反対したりするわけですが、それをもってただちに「規制されろ」というほど思考が短絡的なわけではありません。

性的消費という概念が何なのか、なぜそれが駄目なことなのかを、思考原理から立ち返って説明しなければ、納得してもらえない。規制という目的は達せられない。

そして実際この概念は「有効射程広すぎだろICBMか?」と叩かれています。

これがもし「この絵は女性を性的に消費しているから『不愉快』だ」なら話は違います。

不愉快を主張することと規制を望むことには空よりも高い断絶の壁があります。前者を述べることは万人が許されています。

だから「不愉快です!」という言論に「また規制派は~」「そうやって正義を押し付けるなよ~」と言ってる人達は、おかしいと感じます。

しかし「不愉快なので規制されろ」と述べた瞬間、そこに客観性が生じなければなりません。この場合「正しさを押し付けるなよ」は正当になりえます。

この世界には自分以外の74億人が住んでおり、みんなに言うことを聞いてもらうには、自分が持つ原理や正義を取り出して、こういう論理展開でこうなってますと「説得」しなくてはならない。

正義を主張してれば次第に変わるさ~派もいるんですけど、過激派フェミニストが騒ぎ立ててる「正義」について、規制反対派から批判(非難)の声が上がっているのも事実です。

もしフェミニストが全く彼らを説得せずに「不快だからただちに消えてくれ」と述べるのなら、交渉は断裂です。

交渉とは妥協点を探る人間の営みにほかならず、その折衷がないのなら交渉もただ互いを傷つける焦土なってしまう。

自暴自棄になった立てこもり犯を説得することなんてできない。

そういう時に「正義を押し付けるなよ」という言論はある程度正当性を持つでしょう。

まあここらへんが私が「言いっぱなし」のツイッターやらはてなブックマークに危惧を覚えてるところではあります。ああいうの基本「最後に言ったもん勝ち」なので。

正義の押しつけと主張の境界線は本人が認識する

で、さっき「正義の主張と押し付けは異なる」と書きましたが、その境界線は本人にしかわかりません。

不快度によってどれぐらいの規制を望むかは、本人しか知り得ないからです。

例えば私は昆虫虐待を「友人がやってると聞けば付き合いを改める」けど「規制してほしいとまでは望まない」。でも犬への虐待は「規制してほしいと望む」。

他人から見て押し付けなのか価値観の主張なのかは正確に測り得ません。

一応、方法がないことはないです。「規制を望んでいますか?それともただ不快だと表明しているだけですか?」と尋ねるのです。

もし前者なら、よろしい(言論)戦争だ。

後者なら「へぇ、そうなんですね~」でよいです。

手当たり次第に言論者に「それは正義の押しつけだ!恥じろ!」と言い切るクソリプが流行っているみたいですが、ぶつけられたほうとしてはここに野良犬の糞があるな、としか思わないレベルの低い言論です。

それよりも、それが本当に自分の中で正義なのか正義じゃないのか考えるほうが有意義でしょう。

主張者は往々にして押しつけがちである

一方「絶対主義者」、私のようなタイプの人間が自省しなければならないのは、自分の正義を「押しつけ」ないようにすることです。

ここでいう押しつけとは、自分の正義や思考原理を開示することにとどまらず、エスカレートして「こんなものが嫌いな世の中は間違ってる、ただちに規制されるべきだ」と言い切ってしまうことです。

ま、世の中そう悠長なことを言ってられない場合があって、それが民主主義でいうデモとかあるいは破壊的な戦争だったりするわけです。

でもそこだけ取り上げて「正義を押し付けると醜いことになる」みたいな銀の弾丸を押し込まれても、我々には響きません。まっっっったく響きません。

そういう奴らはたいてい長文を読解する能力もないので、とにかく論破しやすい言論を笠にきて100文字ちょいでヘーコラ言ってるだけです。私は気にしていません。

何にせよ我々が世界をよくするには言葉の力が必要なんです。押し付けない程度に頑張っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました