ネットで炎上した時、無視して謝らないのが最適解になりつつある

インターネット
この記事は約8分で読めます。

炎上しても無視するのが得策なのか?と思った話

佐々木宏氏「調子乗って出したアイデア」謝罪文全文 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ
東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏(66)が17日、辞意を表明した。組織委は17日深夜、佐々木氏の謝罪文を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏(66)が17日、辞意を表明した。

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202103180000017.html

芸人の渡辺直美氏の体型を侮辱したとして、佐々木氏が辞意を表明し、謝罪文を掲載しました。

以下、長いので少々読み飛ばして大丈夫です(こんな内容の謝罪だと引用しています)。

LINE上で、スタッフから非常に怒られ、私も、その場で、大変恥ずかしながら、スタッフからの率直な直言で目が覚めました。メンバー全員にLINE上で謝り、撤回しました。気づかせてくれたことに礼も言ったつもりです。

渡辺直美さんに対しては、大変な侮辱となる私の発案、発言となること。これは取り返しのつかないことです。心から反省して、ご本人、そして、このような内容でご不快になられた方々に、心からお詫び申し上げます。

文春さんから電話取材を受けた段階で、この私のLINE上での、大失言が表に出て、渡辺直美さんにも伝わるときが来たら、責任をとって辞表を出すべきと考えて来ました。

あと数ヶ月に近づいたオリンピック・パラリンピック開閉会式を日々死にものぐるいで準備するメンバーにも、本当に申し訳ない気持ちです。

LINEが好きで、内輪でのやり取りのつもりでしたが、今回多くの方に伝わることになり、渡辺さんにはどのようにお詫びをしてもしきれないと思っています。世界的な活躍をされ、個人的にも大変ファンでした渡辺直美さんに、この度のことで、ご不快な思いをさせてしまったことが、本当に悔やまれてなりません。心からお詫び申し上げます。

ふだんは、自分では、多様性、ジェンダー問題、そして、容姿などを揶揄して人を傷つけてはいけないと言うことには、気をつけているつもりでしたが、このようなことで、それがとんでもない勘違いで、自分の意識の低さ、無神経さにあらためて、気づいた次第です。今後は、自分の生活全般、仕事に対する姿勢、日常の言動などについて、猛反省し、意識改革をし、自らの思い込み、偏見、鈍感さ、などを見直し、あらためて、生まれ変わりたいと思います。

この度は、大変申し訳ありませんでした。

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202103180000017.html

謝ってもボロクソに言われてしまうネット社会

まず大前提として、このご時世、しかもオリンピックという(建前であっても)差別なきはずのイベントで、広告の神様とも称えられた人が、あまりに時代遅れな侮辱をしてしまったことは非常に残念です。

そこは私も同意しますし、佐々木氏の発言を「まあ、そりゃ駄目でしょ…」とは思います。辞任も適切と感じました。

でもそれはそれとして、謝罪した人間にさらに火をつけるかのような人達の言動には呆れかえっています。

上に引用した謝罪文は(フルで読めばさらにわかりますが)最近の某政治家のように「誤解を招いてしまったので申し訳ない」という形ではありません

完全に自分の非を認め「これが世に出たらやめようと思っていた」と告白しています。

発言の内容はともかく、謝罪として形式上真っ当で、その態度をさらに足蹴にできる人はいないだろう、と思っていました。

そんな良心をどこかに期待していました。

追記のところのまとまりの無さ。口述筆記かいな。そしてMikiko先生の名前を連発しすぎ。 ただ「自分の意識の低さ、無神経さにあらためて、気づいた次第です」は、誤解を与えてたらごめん系謝罪よりはマシ

https://b.hatena.ne.jp/entry/4699942691608424738/comment/yojik

謝ったんだからハイこの話題は終わり!マスコミ黙れ!ってか?第二のこの中年オジサン的思考を生まない為にもこうして記事にし続けないと中世ニッポンの価値観はアップデートされないままだよ。世界ドン引きですわ。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4699942691608424738/comment/takanagi1225

泣き言、繰り言、自己正当化に責任転嫁。内輪向けメールのようなまとまりのない文章に呆れる。よくこんなのを謝罪文として公表できるな

https://b.hatena.ne.jp/entry/4699942691608424738/comment/Junktokyo

ほうほう、ふむふむ。何様ですか?

炎上の謝罪に点数をつけて回る無意識なネット民

「謝罪文に採点してやろう!」とやってきて「すわわっ!ここがダメ!あれもダメ!やり直し!」みたいな人ってツイッターを渉猟してると結構見かけるんですけど、それだともう最適解が「謝罪しない」になっちゃうんですよね。

一度完全に自分の非を認めて謝った人を「まだ謝り足りないぞ!」「もう一度謝罪文持ってこい!」ってやってる世の中、それはそれでめちゃくちゃ怖いですよ。

この件でいうとこれを許せるのは渡辺直美氏ぐらいで、外部がいくらやいのやいの言っても意味ないんです。そもそもこの件って1年前のトーク履歴の内部告発ですし。

もちろん渡辺氏が「これは駄目!謝罪になってない!」なら理にかなってます。

でも一部のネット民がやってるのは、喧嘩してる二人の後ろからヤジ飛ばして「お前それでも謝罪か!」「謝りなおせ!」って言ってるのと同じ。

繰り返しますが佐々木氏の発言や言動は許せるものではありません。私は非常に心苦しく不愉快だと感じました。なにせ私が太っていて、かつて「デブ」「ブタ」などといじ(め)られてきたので…。

一方で「一度謝った人でも絶対に許してはならない、まだまだ燃え足りない」と思ってる人もそれはそれで結構グロテスクですよ。自分の正義の正しさを全く疑っていないのかな。

私には「より大きな正義に乗っかかって叩いてる」ようにしか見えませんけどね…。

ネット民は謝罪の後に何を求めているのか?

このような炎上に本気で、もうはらわたが煮えくり返るほどムカついてて、どうしても炎上相手を許せないという人は(批判者の)全体の10%もいないでしょう。

私も以前そうだったので自戒として書きますが、批判者が求めているのはむしろ「いいね」です。さらに追い打ちをかけるほうがいいねがつきやすいのです。

何かを叩くことで、思考をマジョリティに溶かして疑似共鳴させているだけです。「誰か」の言葉を借りて他人を攻撃しているだけで、自分の言葉で何かを考えてみる習慣は基本的にないようです。

そりゃあまあ、100文字単位で言いっぱなしにできるのでさもありなん、ではありますけど。

彼らは完璧な謝罪をしろ!とすごんではいるものの、そんなものはこの世の中にありません。

ないというのは「存在しない」という意味ではなく「どんな謝罪も無効化して『完璧な謝罪』を求め出す人がいる以上、実質的にないのと同じ」という意味です。

現に「まだだ!これは20点!もっと完璧なのをよこせ!」と言ってる人の何割が「具体的にどのような文面が『完璧な謝罪』なのか」を示しているでしょうか。

私が見た限り、そんなの書いてくれてる人は一人もいません。

私はむしろ「誤解させてすみません」という形式上の謝罪より、よほど自分の言葉で真摯に書かれたものと感じました(本音がどうかは知りませんが、邪推する気も起きないです)。

謝罪した後にさらなる謝罪を求めてるというよりは、そういった「謝罪を求める」までの一連の流れによって、自分たちが味方同士であると思い込みたいのでしょう。

そんな下らない理由で燃やされるのもたまったもんじゃないですけど。

炎上の最適解が「謝罪しない」「完全無視」になっていいのか

私がこれを問題視しているのはたった一つの理由のためです。

炎上した際、あまりに完璧な対応(つまり、ネット民全員の要望を満たし続けること)を求めると、もう一周回って「完全無視」「絶対謝らない」が定石になってしまうからです。

そんな世の中、普通にめちゃくちゃクソですし。

こういう時に「この謝罪はこことこことここがよかったよ」「間違えることはあるもんね」と言えるなら!!

人間は誰しも間違います。絶対に許されないミスだって中にはあります。でも0を1に、1を100にして燃やされるような世界なら、私は何もしたくないですし、誰にも謝りたくないです。

謝っても謝らなくても変わらないのなら、自分が損をする理由なんてないからです。

むしろこういう時は、謝罪要求を完全につっぱねて「オレはこういうのには負けないぜ!」と先鋭化したほうが、信者がつくぶんオトクです!

完全無視と謝罪拒否。インフルエンサーの皆さん、手法を学べてよかったですね。

そういった世の中がいいとは思わないでしょう。批判者の皆さんだって。

でも実際、謝罪に点数をつけて回るのって、そういうことなんですよ。誰も謝らない、そんなイヤーな社会にしてるのと同じなんです。

自分は本気で「世の中をよくしてる」「こんな悪事はもう許されない」と思ってるんでしょうけど、その結果は皮肉にも真逆です。

合理的に考えれば誰も謝りません。何したってぶっ叩かれるので。

…変な言論を出して、すみませんでした!

傷つけてしまった方にお詫びいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました