大学レポートの手抜き(剽窃)は料理の手抜きと同じという説が面白いので考察した

学校教育
この記事は約8分で読めます。

大学レポートと料理、何が違う

冷凍餃子とWikipediaレポートのはざまで(追記したよ!)
スーパーのポテトサラダや冷凍餃子はいまどき手抜きとは思わないけどWikipediaのコピペやヤフー知恵袋で聞いた内容でレポート出すのはNGって人たぶ…

なかなか不評でしたが興味深く読みました。

こういう記事は「何をどう例えてるのか」でケチつけられやすいですけど、追記まで読めばちゃんとわかります。

スーパーのポテトサラダや冷凍餃子はいまどき手抜きとは思わないけど

Wikipediaのコピペやヤフー知恵袋で聞いた内容でレポート出すのはNGって人たぶん多いよね?

どのあたりに線引きがあるんだろう?

手抜きしてたら本当の実力がつかない、とか言ってしまう努力観がそろそろ破綻してきている

「冷凍食品は料理手抜きか否か」はレポートでも同じだろうという問題について触れます。

料理の手抜きとレポートの手抜きは同じ?

まず、さっきの記事を褒めといてなんですけど、比喩としては確かに破綻しています。

ここで、手抜きを「取るべき手間をかけずに成果物を作る」と定義します。

その成果物の是非がすごいかどうかによらず、手間をかけていないこと自体を手抜きとします。

また、

料理の手抜きを「手間をかけずに料理を作る」

レポートの手抜きを「手間をかけずにレポートを書く」

と定義します。

ここで論点になるのは、大学のレポートに料理と同じ価値があるかです。

この「価値」とは大小ではなく性質の話です。

料理は家族が食べますが、レポートは先生が味わうか?

否、味わうわけではありません。

学生に「フェルマーの最終定理を解いてこい」と期待する教授はいません、なぜなら教授は学生より能力が高いからです。

レポートを学生に出すのは、研究機関に在籍する人達に、将来必要となる研究力を身につけてほしいから

これは卒業論文や修論、博論でも同じで、やはり「企業に入ってから」「これから研究する中で」必要な力を、集大成として身につけるのを期待しています。

料理は美味しければいいんだけど、食べるだけの側が何かを期待して「鍛えている」わけじゃない

料理を作ってもらう人が作る側に「あなたも料理ができたほうがいいでしょう、だから作って」なんて言ったら、今の世ならツイッターで晒されて炎上します。

技能育成を求めて出すレポートと、腹ごしらえのために作る料理。この点で属性が違うので、比喩として厳密に成り立つものではありません。

レポート意欲がない大学生と、手間をかけたくない主婦

ですが、元エントリの人が付け加えるように「手抜きしてたら本当の実力がつかない」と言いだす奴の前だと、この比喩は成り立つようになります。

料理の話でいうと、亭主関白が「お前はまだ半人前の嫁だ。俺がお前の料理を食って採点してやる、だから作って持ってこい!」といってるイメージ。

そして、それと同じことをレポートで考えたら一体どうなるでしょう。

教授が「お前はまだ半人前の学生だ。俺がお前のレポートを採点してやる、だから作って持ってこい!」といってる感じですね。

……あれ??そういう教授ってめちゃくちゃ普通じゃないか?

そもそも大学とはそういう場所ですよね。学生を鍛えるための場所。だから教授はレポートを採点して持ってこさせるんです。

いやいや~それは違うって!だって夫が亭主関白だったら妻は怒るけど、教授が「レポート持ってこい」って言いだしても学生は怒らないじゃん!

とお考えの皆様は、さすがに学生を甘く見過ぎています。悪い意味で。

亭主関白な夫に対して妻が反感を覚えるのと同じように、今どきの学生はレポート採点の厳しい教授に反感を覚えています。

ちょうど、下の図のような感じで。

いったい何なんだ!?大学が学生を鍛えるのは当然だろう!?

私もあなたの味方をしたいのはやまやまですが、そういかない事情もあるのです。

いくらネットの正論論者たちが雁首を揃えて「大学は研究機関だ」とか「剽窃は駄目だ」と正論を吐いても、日本の大学の多くが「就職予備校」化していることは否めません。

これは紛れもなく、データとして表れていることです。こちらの日本大学によるアンケートでは「アルバイトをする理由」について、

「旅行のため」と答えた人が減り「授業料のため」と答えた人が増えています。

また、実家からの仕送りの額も減り続けています。

教授や親世代が「アルバイトなんかに現を抜かさず、学生は学業に専念しろ」と言えた時代は終わったのです。

さらに学生を悩ませるのが、激化した就職活動です。

就職予備校になった大学、大学院で学生は教授に反感を覚える

大学は就職予備校という蔑称がつけられました。研究やレポートだけする場所ではなくなり、文系学生では大学3年、理系学生では大学院1年からの就活がごく当たり前になりました。

卒業前の半年間だけ本気を出す、ということはなく、文系だと特に大学3年次のインターン参加前提の就活が当たり前です。これも昔と大きく変わったところです。

内閣府によるアンケートにはこうあります。

https://www5.cao.go.jp/keizai1/gakuseichosa/pdf/20201130gaiyou.pdf(4ページ)

首都圏の文系大学生はなおさらで、意識の高い一部の学生は大学1年から毎年、行きたい企業に唾をつけておきます。インターンシップに毎年参加するのが(内定の上で)原則、みたいな企業もあるようです。

そういうわけで、元記事の人が言うように「手抜きや剽窃でレポートを完成させる」ことが、自分の人生の上でどうしても必要になっている人も、けっこういると思います。

もちろん、それよりも多い割合で「理由はないけどラクしたいから」という学生がいるであろうことは認めますが…。

ネット民の正論「何があってもレポートで手抜きはするな」には同意しますが、実際そうしてる学生は多いし、それを取りやめたいなら「優れた奴に来てほしい」という産業界からの要請がなくなる必要があります。

この「就職第一」風潮は私の指導教員も悩んでいました

「本当は博士に行ってほしいんだけど誰も行かない、就職したがる」と。そりゃそうっすよ、と思ったのを覚えています。

しかしそれが起こす問題は「就職先決まったんで、研究やめまーす(学校来なくなる)」とか「卒論適当でいいっしょ(コピペ)」ばかり。

信じられないでしょうがこれが現実。高学歴に片足突っ込んでる大学でさえ、この現状。

「最高学府たる大学がそんな調子でいいのか!」という批判はあるでしょうが、現実は真逆。

明らかに手抜き、先輩から丸々コピペしたようなレポートでも教授は普通に受け取るし、バレてないのか最高評価を得てる友人だっていました。

それが「倫理的にダメである」というのは当然ですが、生きていくために倫理を捨てなければいけない場面って、けっこう普通にありますよね?

大学生にとってはそれは「レポートの手抜きは駄目だけど、就活のためにはしょうがない」だったりするものです。

そういう人にいくら「剽窃は倫理上の問題がある!」と言っても「でも俺、就職第一なんで」と言って聞かないでしょう。

というか逆に、写しを発見して落とすと学務課から苦情が来るというのです(実際に授業で聴いた話です)。

「次がつっかえるから落としまくるのはやめてほしい」と。もう大学って何なんだ。

私ももちろん、友人からパクられましたとも。

完成に30時間かけたレポートを相手は5分でパクって、それで評価は同じ。

やってらんねーよ。

天網恢恢疎にして漏らさずとは言うけど、そんな奴ほど生き方がうまいって、大人であるあなたはもうご存じのはず。公正世界仮説は成り立たない。

ここまで大学の現状を述べてきましたが、これはちょうど進化した冷凍食品をチンして出して亭主関白から「おいしい!」の評価を得るのと同じでないか?というのが、元記事の人の指摘でしょう。

対称的な2つの例ですが、実は構造は同じ。

  • 自分の時間を節約するために「手抜き」している
  • 余った時間で別のことをしたい
  • 手軽に高評価を得られる
  • 「鍛えたい」亭主(教授)を納得させることができる

こうやって見ると濃度は違えど同じことなのに、私を含め多くの人が、主婦の手抜きを「いいじゃん別に!」と思う一方、学生レポートの手抜きには嫌悪感を抱く

その境目がどこにあるのか?という問題を提起したかったのでしょう。

なかなか面白い着眼点です。

で、料理とレポートの境目はどこにあるのか?

そろそろ満足したのでここらへんで筆を擱きたいと思います。

境目?それは…

わからん。あんまり考える気力も残ってないので、気が向いたら書きます。

ま、結局「レンチンは倫理的に問題じゃないけど、剽窃は誰かを困らせる・騙す点で悪質」ってとこになるんでしょうけどね。

でもそれとてやっぱり気持ちの問題以上の話ではないな。バレなきゃいいんだし、実際バレてないレポートや論文たくさんあるし。

あれ?てことは「手作りだよ」と偽ってコンビニの料理を家族に出すのは問題?手抜き?

ってとこになるでしょう。

実際に冷凍餃子を手作りだと騙して出している不誠実な人間はいると思う。その手の偽装はそこらじゅうにある。騙された方が悪いとか考えだすと、いよいよ増田の指摘に近づいてくるわな。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4689783155052941762/comment/asakuhiroi

うーむ、そうだよなぁ。なかなか難しい問題。ここらへんがグレーゾーンなのは確かだと思います。

ブックマークでは「カウンセリング受けろ」とか「レポート丸写しの奴が書いたのか」とか叩かれてたけど、100文字完結で言いっぱなしの人達が言ってもあんま説得力ないっすね…。

少なくとも「どこが不適切な比喩か」ぐらいは指摘してくれないと困るね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました