倫理学

倫理学

LGBTQの「アウティング問題」を聞いて面倒くさいと思うなかれ、それは人としての良心です

LGBTQの「アウティング」は面倒なのか 最近、マイノリティへの配慮がますます「やかましく」なっています(そう感じる人がいるようです)。ネットニュース等では「LGBTのアウティングはダメなのか」が問題になっています。 アウティ...
倫理学

親世代、祖父母世代の人種差別の解消は難しい、と思った日

父母、祖父母の差別意識の解消は難しいのかもしれない この記事を読む前に、「「差別に反対する」「差別をなくす」のはそもそもめんどくさいので、反対意見もよくわかる」を読んでいただけると話がよりわかります。 どうすれば年...
倫理学

「LGBTは種の保存に背く、道徳的に認められない」についてLGBT当事者が思うこと

LGBTは生物学的に種の保存に背く、らしい 「LGBTは生物学的に…」の間違い 自民党は20日、LGBTなど性的少数者に対する理解増進に向けた法案の審査を行いましたが、慎重な意見も相次ぎ、了承は見送られました 「...
インターネット

「差別に反対する」「差別をなくす」のはそもそもめんどくさいので、反対意見もよくわかる

反差別思想はめんどくさいのです 反差別、とは簡単に言うけれど 現在、ポリコレ(ポリティカルコレクトネス)への配慮はますます強く、少しでも性差別、人種差別的なことを口走れば、外から何者かに石を投げつけられます。 あ...
倫理学

子どもが生まれたのに、自分の子どもが可愛く感じられない親はどうするべきか

子どものことが可愛く感じられない親御さん、いそうなものだけど 子どもを「愛せない」親 ※この記事は、現在「自分の子どもが可愛くないことに悩む親御さん」向けのものではありません。なぜなら私には子育ての経験がないからです。 ...
倫理学

自分の子どもを愛せない親が取れる方法

自分の子どもを愛せない親は、どう考えたらよいか この記事は前回の続きです。 前回は「自分の子どものことを可愛く思えない親は、いったいその気持ちをどう整理したらよいか」というところまで書きました。 ここでは具体...
倫理学

職場にいる「性格の悪い人」を軽蔑し、悪口を言うことは許されるのか

性格が悪い人を軽蔑してよいのだろうか 性格が悪い人はどこにでもいると思います。例えば職場にもいますよね。 そういう人を軽蔑して悪口を叩くのって、本当にいいんでしょうか?という話です。 よいに決まってるだろ!とお考えの皆さ...
インターネット

ネット民(リベラル)は差別を嫌い、多様性を歓迎するはずなのにネット苦手な人を差別する

ネット言論における差別のダブルスタンダード 差別ダブルスタンダードは何が問題なのか 最近、差別におけるダブルスタンダードが取りざたされています。 ダブルスタンダード(ダブスタ)とは平たく言えば矛盾のことで...
インターネット

ブログ・アフィリエイト・情報商材界隈が「会社を辞めろ」と迫ってくる理由

情報商材はなぜ簡単に「会社を辞めろ」「自由な生活」とアピールするのか 以前、ツイッターで「会社で働くことイコール時代遅れ」という文脈がブログ界隈で比較的優位なのはなぜなのか」というごもっともな疑問が提起されていました。 私は5...
倫理学

自由恋愛主義は優生学的なのか、障害者の未婚率の高さから考察した

自由恋愛と優生学 自由にパートナーを選別した結果、魅力的ではない劣った遺伝子を排除してるよね 国家が組織的にやってるわけじゃないから優生思想にはあたらないと反論するだろうけど個人の選別の結果で劣等者、障害者、病人が淘汰されて...
インターネット

帰国子女やバイリンガルが学校でいじめられて起こる「アイデンティティ・クライシス」

帰国子女についてのいじめは「言語」から始まる? 帰国子女が日本を嫌いになるのはこういうのの積み重ね、という一文が胸に残ってしまっているので、今日はこれについて論じてみたいと思います。ほんと、何とも言えなくなる話で...
倫理学

青識亜論氏の優生学思考実験「優秀な才能を持つ人の出産に補助金を出す」を考察した

優生学の思考実験 これはけっこう考える価値がありそうな問題ですね。こちらでも考えましたが。 という記事を書いたのでそちらも読んでいただけると捗ります。 有能推奨と無能排除の同一性 ...
インターネット

「無言フォローしてすぐに解除してくる」人の心理を考察した フォロワーを増やすには個性を出すしかない

無言フォローアンド解除の心理 ツイッターをやっていると、このような人をみかけます。 この疑問への答えは至極簡単です。「フォロワーを増やして、影響力を大きく見せようとしているから」。 図解してみます。 ...
世界史

野田洋次郎氏の優生学的ツイートに見る人権の現状認識

野田洋次郎氏の優生学 まあそう、らしいですね。ええ。 この発言に対する反応はあんまり、というかかなり激しく、「これって優生学だよね」「そもそも効果ないのでは」みたいな意見が飛んできていました。 何が問題なのか...
倫理学

守られない自殺報道ガイドラインと煽情的なマスコミ、民衆の需要

自殺報道ガイドラインの意味 この記事は以前の記事 の続きです。そちらを読んでもらえるとよりわかるかもしれませんが、読まなくても大丈夫なように書いています。 リベラル層が嘆いて見せるのは「民衆の頭の悪さ」。 ...
倫理学

イライラしないために、物理的に行動を変えて大脳ハックしよう!

イライラを抑えるために行動を変える あなたは普段怒りますか? 私は怒ったことが片手で数えるほどしかありません。 それはなぜかというと、怒る、キレるような状況に精神を持っていかないからです(文章上で憤っているように見えても...
倫理学

外国人を「子どもみたいでかわいい」と思って接していませんか、それは失礼かもしれません

アイデンティティ・クライシスと外国人 以前、上の記事を書きました。帰国子女やバイリンガルは主に言語の面で周囲から取り残されがちであり、自分の思いを言葉にできないことを理由に孤立を感じる、という内容です。 今回は彼ら...
インターネット

「正義の反対はもう1つの正義」と言い続け、相対主義に伍すると何者にもなれない

思考停止の相対主義に騙されるな あなたがもし日常で、ネットで「正義の反対にあるのはもう一つの正義なんだ」という言論を聞いたなら、真っ先にまず口に指を突っ込んで、唾を眉につけてください。 それは聞く価値のない「相対主義」かもしれ...
インターネット

ブログのアンチコメントへの対処法を、2ちゃんねるに晒された経験があるブロガーが語る

ブロガーはアンチコメントにどう対処すべきか ブログをやっていると、いわゆる「アンチコメント」と無縁ではいられなくなります。幸い、このブログにはまだ来ていません。 前に私が運営していたブログは月閲覧数最大10万で、しょーもないコ...
倫理学

非モテの恋愛工学は実際モテるけど、でも人間蔑視で美学がない(気持ち悪い)

恋愛工学のグロテスクな価値観と非モテ思想 こちらの記事を読みました。「初めての合コンに立体機動装置を付けていったら」というものです。 めちゃくちゃ深いこと考えて書いてるとかじゃなくてそういうネタなんだと思いますが、私は...
タイトルとURLをコピーしました